Column

  1. ホーム
  2.   >  コラム一覧
  3.   >  いびき治療を受けるのに料金はどのくらいかかる?治療法ごとの相場を解説 

いびき治療を受けるのに料金はどのくらいかかる?治療法ごとの相場を解説 

2022.03.25

診察を受ける老人

いびきの症状は個人差があり、個々に適した治療法もさまざまです。いびき治療を受けるときには、料金が気になる方も多いかと思います。ここでは、いびきの治療法と、治療法ごとの料金相場を紹介します。 

治療を検討すべきいびきとは?

診察室

いびきには、放置しても問題ない単純性いびきもありますが、中には病院での治療を検討すべきいびきがあります。どのようないびきが当てはまるのでしょうか。 

睡眠時無呼吸症候群をはじめとする病気が疑われる場合 

大きないびきをかいていると、睡眠時無呼吸症候群や、鼻・口・喉などに関連する病気を発症している可能性があります。その中で最も疑われるのは、閉塞性睡眠時無呼吸症候群です。 

閉塞性睡眠時無呼吸症候群は、さまざまな原因で上気道が塞がれ、空気の通り道が狭くなることで、無呼吸および低呼吸の症状が起こる病気です。日中の眠気が強い・寝起きがすっきりしない・集中力や記憶力の低下などが見られると、発症している可能性が高いと考えられます。 

鼻・口・喉などに病気がある場合も、気道が塞がってしまうため、同じようにいびきが起こります。また、病気になっていなくとも、元々鼻が詰まりやすい体質の方もいらっしゃいます。耳鼻咽喉科を受診し該当する箇所の治療を行うと、いびきが軽減できる可能性があります。  

睡眠の質を上げたい場合 

病気を発症してはいないものの、日常的にいびきをかいていると、夜間覚醒が起きることで熟睡できなくなることがあります。日中の眠気が強くなるうえ、集中力や判断力も鈍り、仕事に影響が出る恐れもあります。これらの不安な点を解消し、睡眠の質を上げるためには、病院での治療が選択肢に挙げられるでしょう。 

周囲からいびきを指摘された場合

毎晩隣で寝ている家族・パートナーや、一緒に旅行した友人や同僚などから、いびきの大きさを指摘され、初めて自分のいびきに気づくことも多いものです。自分のいびきが原因で、周囲の睡眠を妨げていることを自覚すると、治療を検討しなくてはいけないという気持ちが強くなります。 

いびきの治療法の概要と料金相場を詳しく解説

口にテープ貼って寝る男性

いびきの治療を受けると決心したら、次はどのような治療法があるのかを知っておく必要があります。それぞれの治療法の概要と料金相場を見ていきましょう。なお、治療費相場は病院によって異なりますので、費用の詳細は診察を受ける病院へ必ず確認してください。  

生活習慣の改善

治療の前に心がけておきたいのが、生活習慣の改善です。具体的には、減量・禁酒および禁煙・適度な運動習慣・横向きで寝る・鼻呼吸テープの使用などが挙げられます。ただし、これらの取り組みによって、いびきが治るわけではなく、症状の改善および軽減が目的です。治療効果を高めるため、治療と並行して行うことをおすすめします。 

かかる料金として考えられるのは、鼻呼吸テープの購入費用です。ドラッグストアなどで、数百円で購入できますので、自分に合うテープをいくつか試してみるのも良いでしょう。 

マウスピース療法

下顎を、前方に数mm移動した状態に固定し、睡眠中の気道を確保するために、睡眠時に装着するのがマウスピースです。軽症レベルか、後述するCPAP治療が困難な方に適した治療法です。 

いびき治療に用いるマウスピースは、特殊な形式のものであり、睡眠時無呼吸症候群と診断されれば保険適用されます。いびきの専門医から歯科医師に対して、紹介状が出されますので、歯科医院で口腔内の状況を細かくチェックし、マウスピースを製作します。 

流れとしては、医師の診察の後自宅での簡易検査を行い、その後病院でポリソムノグラフィー検査を受け、歯科医師の受診を経てマウスピースが出来上がります。料金相場は次の通りです(保険適用(2割負担)の場合)。 

・簡易検査…およそ3,000円前後 

・ポリソムノグラフィー検査…およそ10,000円前後(別途1泊分の入院費がかかります) 

・マウスピース製作費…およそ15,000円から20,000円程度 

           (保険適用外の場合は、100,000円以上かかることもあります) 

歯科医院で製作したマウスピースであれば、いびきの改善が期待できますが、市販のマウスピースでは効果が保証されません。確実に治療したい場合は、必ず病院を受診しましょう。 

ナステント

鼻に柔らかいチューブを挿入し、気道を確保することで、睡眠時の鼻呼吸をサポートする一般医療機器です。医師の診察を受けたうえでの処方のほか、ドラッグストアやWebでの購入も可能です。1箱7本入りで、3,542円(税込)となっています。なお、病院でのフィッティングや処方指示書発行は自由診療であり、病院によって金額が異なります。 

CPAP

いびき治療で最も一般的に用いられる治療法です。鼻に装着したマスクから、空気を気道へ送り込み、気道が塞がるのを防ぎます。中等症から重度の方に大きな効果が見られ、日中の眠気も大幅に軽減されます。CPAP治療を継続的に行うことで、いびきによって引き起こされるさまざまな病気を予防することも可能です。 

CPAP治療を行うには、まず医師の問診および検査を受け、その後ポリソムノグラフィー検査を受けます。検査結果により睡眠時無呼吸症候群と診断されると、保険適用となります。CPAP治療期間中、継続して保険適用を受けるには、月1回の診察が必須です。料金相場は次の通りです(保険適用(3割負担)の場合)。 

・簡易検査…およそ3,000円前後 

・ポリソムノグラフィー検査…およそ10,000円前後(別途1泊分の入院費がかかります) 

・CPAP装置レンタル費用…毎月5,000円前後(別途通院時の診察代が必要) 

レーザー切除治療

気道を塞ぐ元となっている軟口蓋や口蓋垂を、レーザーを使って切除し、摘出する手術です。日帰りでできる手術がほとんどで、いびきの原因を根本から切除できますが、数年後に再発する場合もあります。これまで紹介した器具は使用せずに、普段通りの生活ができます。料金相場は次の通りです(保険適用(3割負担)の場合)。 

・検査費用…およそ3,000円から12,000円前後 

・手術費用…およそ30,000円前後(別途薬代が必要) 

いびきの治療にはイビキメディカルクリニックのパルスサーミアがおすすめ

ベッドに寝転ぶ男性

いびきを根本から治し、快適な毎日を送りたい方には、イビキメディカルクリニックが行っている治療法「パルスサーミア」がおすすめです。パルスサーミアは、当院オリジナルの治療法であり、切開や縫合などを一切行わないことが特徴です。 

いびきの原因となっている部分をレーザーで切るのではなく、温熱効果により引き締めていくため、効果が長持ちするうえ痛みも大幅に軽減できます。 

早い方では、初回の治療から効果を実感される方もいらっしゃいます。いびきが軽減されていくのを、肌で感じてみてはいかがでしょうか。 

いびきの治療は早い段階から開始しましょう

いびきは、体内が低酸素状態に陥り、体にかかる負担がとても大きいため、治療は早い段階から始めた方が負担を早く軽減できます。  

いびき治療を考えておられる方は、ぜひイビキメディカルクリニックでの治療をご検討いただければ幸いです。不安に思われる点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。 

監督者:宮内 賢

日本医科大学卒業後、研修を経て慶應大学形成外科入局、助教に就任。
その後、都内美容皮膚クリニックにて勤務し、2020年からIBIKI MEDICAL CLINIC院長就任。

経歴:

大学時代から睡眠への障害をもたらす”いびき・睡眠時無呼吸”を研究。
医師免許取得後は、形成外科や美容皮膚科にてレーザー治療のトレーニングを積み、2020年より非切除式レーザーによる”いびき・睡眠時無呼吸”の専門クリニックIBIKI MEDICAL CLINIC院長就任。
いびき治療だけでなく、栄養学や睡眠学的アプローチによる睡眠・生活習慣への指導を大事にしており、健康長寿をモットーに日々医療に取り組んでいる。

お問い合わせ

IBIKI MEDICAL CLINICでは、
無料カウンセリング(完全予約制)を
行っております。。

お電話、または下記のフォームから
無料カウンセリング予約を
お申し込みください。
担当より48時間以内にご連絡いたします。

Top