Column

  1. ホーム
  2.   >  コラム一覧
  3.   >  いびきと鼻づまりは関係性が深い?原因と対処法を知って快適に過ごそう

いびきと鼻づまりは関係性が深い?原因と対処法を知って快適に過ごそう

ベッドで鼻をつまむ男性

いびきが以前よりも大きくなったと、家族やパートナーに指摘されたことはありませんか。いびきの原因の一つに鼻づまりがあげられますが、なぜ鼻づまりが起こるといびきが大きくなるのでしょうか。今回の記事では、いびきと鼻づまりの関係性や対処法などを見ていきましょう。 

鼻の疾患がいびきの原因となるのか?

鼻を両手で抑える女性

鼻の疾患には、鼻炎をはじめとして多岐にわたる原因があげられます。鼻の疾患によって、いびきが引き起こされることはあるのでしょうか。  

上気道が炎症を起こすと空気の通り道が狭くなる

上気道と呼ばれる部位は、鼻や口から喉までにかけての部位を示すため、鼻は上気道に含まれます。上気道が炎症を起こすと、「急性上気道炎」と呼ばれる疾患になり、これはいわゆる「風邪」なのです。 

風邪の原因の9割以上がウイルス感染によるものであり、局部症状の一つとして鼻づまりが起こります。鼻づまりによって空気の通り道が狭くなるため、空気同士の摩擦が大きくなり、いびきをかきやすくなるのです。  

アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎はかかる頻度が高い 

上気道の炎症で起こる鼻の病気には、アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎なども含まれます。アレルギー性鼻炎は、アレルギーが原因で鼻の粘膜が炎症を起こす疾患であり、通年性アレルギー鼻炎と季節性アレルギー鼻炎(花粉症)に分けられます。 

アレルギー性鼻炎にかかると、鼻腔内に通っているたくさんの毛細血管が拡張したり収縮したりして、粘膜が腫れることで鼻の通りが悪くなります。これが、鼻炎による鼻づまりです。 

副鼻腔炎による鼻づまりは、風邪を引き起こす細菌に感染すると起こりやすくなります。鼻水が、透明で水っぽい状態から、緑や黄色のネバネバとした状態に変わると、細菌に感染したことが分かります。ネバネバとした鼻水は細い鼻腔に詰まりやすく、鼻づまりの原因となります。  

鼻づまりによる口呼吸はいびきをかきやすくなる

鼻づまりが起こると、鼻呼吸ができなくなるため、口呼吸をするようになります。口呼吸では、舌根沈下によって気道が塞がれ、いびきをかきやすくなります。 

口呼吸は、いびきのほかにも、睡眠時無呼吸症候群や免疫力低下などを起こすリスクが高まり、体に悪影響を及ぼします。  

鼻づまりが起こる原因として考えられるのは?

仕事中に鼻をかむ女性

アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎のほかにも、鼻づまりを引き起こす原因は多岐にわたります。それぞれの原因の特徴を詳しく見てみましょう。 

鼻中隔湾曲症

鼻の中央部分には、鼻中隔という壁があり、左右の鼻腔を隔てています。鼻中隔軟骨の発達により、この鼻中隔が左右どちらかに大きく曲がっていると、空気の流れが滞ることで鼻づまりが起こりやすくなります。ただ、多くの人は鼻中隔が多少曲がっていますが、鼻づまりなどの症状がなく、日常生活に支障がなければ、特に問題はありません。 

風邪を引いておらず、アレルギー鼻炎も患っていないにもかかわらず、鼻づまりがある場合は、鼻中隔湾曲症の可能性が高いのです。 

鼻茸(はなたけ)

鼻茸は、鼻の中にできるポリープです。鼻の粘膜が炎症を起こし、鼻腔に飛び出すことで鼻づまりの症状が起こります。副鼻腔炎と併発することが多いですが、鼻茸単独で発症する場合もあります。鼻づまりのほかに、膿のような鼻水が出るのも特徴です。 

鼻茸を切除するには、摘出手術が必要です。片方の鼻にだけ鼻茸ができている場合は、良性腫瘍である乳頭腫の恐れがあるため、医師の指示を仰いだうえで治療を行いましょう。 

アデノイドの腫れや肥大

アデノイドとは、扁桃と同じくリンパ組織の一つであり、鼻の一番突き当たった奥(口蓋の裏部分)にあります。3歳から6歳頃の子供に、アデノイドの腫れや肥大が多く見られ、その後徐々に小さくなっていきますが、大人になっても残っている方もいらっしゃいます。 

アデノイドの腫れや肥大があると、鼻づまりが起こりやすくなるほか、いびき・口呼吸・嚥下困難(食べ物を飲み込むのが困難になる)などの症状も考えられます。 

良性腫瘍 

鼻の中にできる腫瘍のことを鼻腔腫瘍と言います。鼻腔腫瘍の大半は良性の腫瘍であり、ポリープ・血管腫・乳頭腫・骨腫・線維性骨異形成症などが一例です。 

腫瘍ができると、片側のみ鼻づまりが起こるケースが多く見られます。ただ、この症状は、鼻腔や副鼻腔に発生した癌の知らせとして現れることもあるため、必ず耳鼻科を受診しましょう。  

鼻づまりの治療を受けるといびきの症状が改善される場合も

笑顔の女性

鼻づまりを原因とするいびきであれば、鼻づまりを治すといびきも軽減できる可能性が高まります。鼻づまりの原因や症状に合わせて、医師と相談のうえ適切な治療を行うことが重要です。治療法をいくつか紹介します。  

内服薬

アレルギーなどが原因で、鼻の粘膜が腫れている場合には、抗炎症剤を内服すると症状がおさまる場合があります。鼻づまりに高い効果が見込める薬も開発されており、抗トロンボキサンA2薬や抗ロイコトリエン薬などが一例です。 

点鼻薬

鼻づまりを一時的に解消するのに、ステロイドの点鼻薬を使用することがあります。点鼻薬に含まれるステロイドは、炎症を抑える作用を持っています。ステロイドの使用に抵抗を感じる方もいらっしゃいますが、副作用の恐れはほとんどありません。 

吸引・ネブライザー治療

鼻汁を吸引して鼻腔内を清掃したのち、ネブライザー(噴霧器)を使って鼻腔全体に抗アレルギー剤やステロイドを行き渡らせます。点鼻薬より高い効果が期待できますが、ネブライザーは耳鼻咽喉科専用の治療機器であるため、使用には通院が必要です。 

手術

これまで紹介した方法を行っても鼻づまりが解消されない場合や、鼻づまりの原因を取り除く手段が手術のみである場合などは、手術を検討します。また、鼻づまりの原因が一つでなく、複数の原因が絡み合っている可能性も考えられる場合は、上記の方法に加え手術も行い、症状を軽減できるよう医師と相談しましょう。 

鼻づまりが改善されてもいびきをかく場合は?

ふとんの上で悩む男性

いびきの原因は、鼻づまりだけとは限りません。前述した方法で鼻づまりが改善されてもいびきをかく場合には、別の原因が考えられます。さまざまな可能性を踏まえたうえで原因を追及し、治療を進めていくことが大切です。鼻づまり以外でいびきを引き起こす主な原因は、次の通りです。 

睡眠時無呼吸症候群

気道が狭くなるために、睡眠中に無呼吸や低呼吸の症状が起こることで、酸素を体内にうまく取り込めなくなる疾病です。生活習慣病の原因となるほか、日中の眠気や起床時の体調不良などを自覚します。 

口呼吸

鼻づまりが起こると、口呼吸になりやすいことを先述しましたが、鼻づまり以外でも口呼吸そのものが習慣になっているケースがあります。  

鼻づまり改善後のいびきが気になる方はイビキメディカルクリニックへ

鼻づまりが改善された後でも、いびきの悩みが解消されない方は、ぜひイビキメディカルクリニックまでご相談ください。当院独自の治療法「パルスサーミア」により、いびきの原因部分の表面にレーザーを照射し引き締めることで、いびき改善を目指します。これまでのレーザー治療に比べ痛みが弱いうえ、高い効果が期待できます。 

多くの患者様のいびきの悩みを解消し、喜びの声も多数頂戴しております。パルスサーミアについてさらに詳しく知りたい方は、お気軽にお問い合わせください。

監督者:宮内 賢

日本医科大学卒業後、研修を経て慶應大学形成外科入局、助教に就任。
その後、都内美容皮膚クリニックにて勤務し、2020年からIBIKI MEDICAL CLINIC院長就任。

経歴:

大学時代から睡眠への障害をもたらす”いびき・睡眠時無呼吸”を研究。
医師免許取得後は、形成外科や美容皮膚科にてレーザー治療のトレーニングを積み、2020年より非切除式レーザーによる”いびき・睡眠時無呼吸”の専門クリニックIBIKI MEDICAL CLINIC院長就任。
いびき治療だけでなく、栄養学や睡眠学的アプローチによる睡眠・生活習慣への指導を大事にしており、健康長寿をモットーに日々医療に取り組んでいる。

お問い合わせ

IBIKI MEDICAL CLINICでは、
無料カウンセリング(完全予約制)を
行っております。。

お電話、または下記のフォームから
無料カウンセリング予約を
お申し込みください。
担当より48時間以内にご連絡いたします。

Top